読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

breaking changeの整理

software

生きているソフトウェアに付き物の破壊的変更(breaking change)であるが、一口に破壊的変更と言っても、実際は複数の意味を包含している。 なお、「生きているソフトウェア」では主語が大きすぎるので、ライブラリであったりランタイムについての話とする。

一般的に破壊的変更という場合、以下のどちらかとなるだろう。

  1. セマンティクス・挙動の変更を伴う変更
  2. セマンティクスの変更を伴わないが破壊的とみなされる変更
    1. APIの名前が単純置換された

1は明らかに破壊的である。ソフトウェアに対して少なからぬ書き直しが発生するし、単純置換では済まないケースの方が多い。 そもそもの設計思想やアプローチに修正が加えられたので、前と後とでは違うものと言っても過言ではなく、十分に破壊的と呼ぶに足りえる。

しかし、2のケースは一概に破壊的と言えるかは怪しい。辞書的には破壊的だが、我々の思い浮かべる大規模な書き直しを強いられるような破壊性が あるわけではないからだ。

2を破壊的と呼ぶか否かは、対象となる環境の置かれたバックボーンに依存することとなる。例えばRustのような強い静的型付の言語では、 コンパイル時に静的解析が発生するため、APIが消えただの名前が変わっただのは只のコンパイルエラーとして処理される。 標準ライブラリに絡む変更である場合はコンパイラが警告を細かく出してくれることもあるだろう。この場合、破壊的なリスクは早期に発見できるので、 相対的に破壊的変更は軽度の問題と化す。

逆に、実行するまでわからないような言語環境(典型的にはJavaScriptが該当する)では、このリスクは格段に跳ね上がる。 動かさないとわからない上に、実際にそのパスに入って実行されないわからない変更である場合、「やってみるまではわからない」ブラックボックスと化す。 エラーで落ちれば御の字だが、実は上方のtry-catchがエラーを握りつぶしてしまっており、前提条件が崩れたままに後続の処理に入り……などいう袋小路に入ると本当にどうしようもない。 この場合の破壊的変更のリスクはセマンティクスの変更と差はない。なので、我々はこれを早期に発見できるように頑張る必要がある。 semantic versioningは絶対遵守されるべきである。道徳律を超えた規範にして、これに逆らうライブラリ作者は異端審問で火刑に処されても構わない…というのは、やりすぎだが、 こうした自身のソフトウェアの破壊的な挙動につながる事態は想定されるべきとなるし、それを避けるためにテストコードの充実やカバレッジといった指標の整備、 CHANGELOG.mdを記述する道徳律の作成コミュニティの規範と正義を整えて共同体秩序を守る必要がある。かなり面倒くさい。できればあんまりやりたくない。

ここらへんの文化圏の交差とか色々残りはあるんだけど、書いてる最中にやる気がなくなったので寝ることにする。おやすみなさい。