saneyuki_s log

Opinions are my ownだってばよ

チョッパヤ本を読んだ

超速! Webページ速度改善ガイドを読んだ。

超速!  Webページ速度改善ガイド ── 使いやすさは「速さ」から始まる (WEB+DB PRESS plus)

超速! Webページ速度改善ガイド ── 使いやすさは「速さ」から始まる (WEB+DB PRESS plus)

普段あまりこういう本は買わないのだけれども、友人達が書いていたので購入してみた。特に献本などもないのでどうでもいいかと思ってたんだけど、あとで印税貢献分としてコーヒー一杯奢れと著者両人にたかるネタとして良さそうなので買いました。

内容はGoogleの出しているWeb Fundamentalsのうち、パフォーマンスに関連するセクションを捕捉・再構成したような感じ。

巷では玄人向けという評価もあるけれど、それは本のターゲットの説明として大雑把にすぎると思う。 一読者たる私の感じたターゲットは、

  • Chromeのdeveloper toolsのperformance profilerの使い方がよくわからない
  • Webサイトの動作が遅くて困っている・困っていないが予防のための知識が欲しい
    • サーバー側の負荷には余裕があるのでクライアントサイドが原因だと思っている
    • どこが原因なのかわからないので、まずクライアント側から調べていきたい
  • 「Webフロントエンド」に関した(限った)パフォーマンス戦術の頻出パターンが知りたい
    • 余談ですが私は 「Webフロントエンド」という呼称が大嫌いです
  • Webサイト構築・運用におけるパフォーマンスについての考え方を知りたい

あたりの人向けの本だと思った。基本的にはWebクライアントサイド慣れしてない人向けの本だと思うし、ビギナー向けの本だとも思う。

逆にこの本に書かれていない内容としては

  • 2010年代のGUIアプリはなぜ60fpsを出さないといけないのか
  • システム全域に関わるパフォーマンスについての話
  • 「速いソフトウェア」の作り方と組織

とか。

ここら辺が知りたい人はAndroidを支える技術 part 1の第1章とか、Brendan Greggの"System Performance"とか、Joe Duffyの"Performance Cultue"あたりを読んどけばいいと思う。

具体的に感じたこと

第1章

  • Webサイトのパフォーマンスに関する概論的なお話。パフォーマンスやる意味とかを偉い人に説明するのに使うと便利とか、どういう技術的な指標を用いるかという話
  • npmとかNode.jsの使い方に関しては第1章に入れなくてもいいと思った。この本を読むような人種でnpmの使い方がわからない人種はあまりいないだろうし、想定するにしても「はじめに」の直後とかでよかったんじゃないかなあ。

第2章・第3章

  • ここら辺まではWebサイト構築に携わるエンジニアなら誰でも大雑把には知っておきたいところ。細かい設定の話とか覚えなくていいから。
  • ネットワーク処理周りの概論と具体的な調査方法、と言いつつもだいたいwebページがロードされるまでの話と、どういう指標があるのかについて
  • クリティカルレンダリングパス周りについては、ここら辺も読んでおくといいと思います

第4~5章

  • ここら辺から「Webフロントエンド」っぽくなってくる
  • ちなみにpainting時のrasterization周りはoff main threadになりつつあるので、メインスレッド(JSスレッド)の邪魔はしにくい処理系も出てきています(Display Listの構築処理は残っているので、そこのコストが消えているわけではない)
  • GPUの場合では、なぜテクスチャ転送のコストが発生するのかという原理的な話(コンピュータアーキテクチャ)については、個人的には解説があったほうがすんなりのみ込みやすくなると思うけれども、ターゲットを考えると省いて正解だとも思います。

第6~7章

  • 1本のメインスレッド(JSスレッド)のイベントループの中で、如何に不要な処理を間引きつつやるかという話。GUIプログラマーっぽい話。
  • 私見として、メモリリーク周りに関しては、ページ中のオブジェクトのライフサイクルを常に意識して適切にデストラクトして参照をnull埋めなどしてリークしにくい(GCにオブジェクトが回収されやすい)コードを普段から書いた上での、デバッグテクニックとして捉えるべきだと思う。

第8章

  • 画像などに関する取り扱い
  • これは実質ネットワークリソースの話だから、第4章の前とかに持ってきてもよかったんではないかなあ。

第9章

  • ServiceWorkerとResource Hint周りの話なので、特に感想はない

エモい書評書かないの?

特にエモい感情がわかなかったので.... 

終わりに

  • なんかダメ出し多くなってしまったけど、最近のWebサイトのパフォーマンスに関する話題をつまむのにちょうどいい本だと思います。
  • @著者両名 そのうちコーヒー一杯奢ってください