読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のJavaScriptはスクリプト言語のジャンルで必要な機能がだいたい揃った気がする(言語的な範囲では)

少し前にTypeScriptと素のECMAScriptとfb::JSXを混ぜてcompile -> linkする記事を勤務先のブログに書いたのだけれども、それ以後に色々思った小話を一席。

先述のエントリで示した構成を趣味プロジェクト含めて2~3度試した結果、現代のJavaScriptは書き捨て的なスクリプトから、(漸進的な)静的型付けまで、言語機能的なところではソフトウェアの規模に応じて、自由にスケールアップできるという実感を得るに至った、という確信を得た。インクリメンタルに移行できるので新旧コードの混在もできるし、素のJSじゃないとできないものは、それにやらせればいい。これはTypeScriptなりbabelといったcompilerやAST操作ツール群の成熟と、npmエコシステム、ES6というベースラインの更新が絡み合っている。

こうしてコードベースの規模に応じて自由にあれこれできるのは非常に楽だなと思う所存。それに今のJavaScript処理系(Chakra/SpiderMonkey/V8/JavaScriptCore)はどれも相当に速いので、速度が直接的にボトルネックになるよりも、コードや設計のマネージの方が主題になることの方が多いと思う(これは計算量がワーストケースに落ちない戦略・設計的なマクロなアプローチを含む)。micro optimizationが必要なケースもあるだろうけど、だいたいは

  1. ボトルネックを計測
  2. 頑張る
  3. 頑張って無理なら諦めてもっと速い言語を使う

な感じになるだろうし。

TypeScriptの提供する以上の言語機能が欲しい場合はどうするか?という問題は、素直に言語を乗り換えるのが良いのでしょう。あれより高水準な表現力とか静的型付けを持つ言語はだいたいJVMで動く言語かネイティブコードを吐いて動かす言語になるし、それが必要になる場合は速度面でもJavaScriptの適応可能範囲を超え始めるだろうから、乗り換えの時期なのだろう。

例外として、TypeScript以上の型表現を持ったAltJSというとScala.jsとかがあるけれども、各処理系のfirst tierがECMA262である以上、なるべくそれに近い方が色々と予測性が高いのとTypeScriptも1.6な今ならあれで多くのケースは解決すると思うので、私はあまり興味がない。大抵のケースは、Scalaが欲しいなら素直にon JVMな実装使った方がいいと思う。JSVMの上で語るにしても、WebAssmebly(のGC intergration)が来てからじゃね?

話が逸れたけど、Closure Compilerとかに頼らずとも、大きなソフトウェアを作るまでの言語機能のスケールができるようになったのは、いい時代になりましたね、という趣。