読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の弾丸は川から流れて来ない

architecture

The Evolution of Flux Frameworks — Mediumを読んだ。自分がここ3ヶ月~半年くらい考えてたことと殆ど一緒で、若干の安心感を得たり。実装論の話も概ね同意ではあるのだけれど、自分は必ずしも同意しかねる面がある。

今のメモリマネージド言語のトレンド、特にクライアントアプリケーションの存在を想定したアーキテクチャは、C#が筋道を立てた実践理論に追随してる面があるので、過程はどうあれ、彼らの先端スタイルに近づいていくことになると思うのよね。

Fluxパターンの話をすると、あれが偉かったのは「疎結合すると色々楽になるから、オブザーバーパターンにして、コマンドパターン使って、コマンドは単方向にすると破綻しにくい割に弄りやすいよ」ってのを、フレームワーク症候群に陥っていた凡百なWebクライアントサイドに、一発、投げつけた辺り(というのは半年くらい前に書いたな……)。

だけど、彼らのサンプル(chat/todo)は、サンプルとしては綺麗ながらも、domain modelに相当する物を必要としないアプリだった。ToDoアプリはviewのstate modelとdomain modelが概ね一致するし、chatアプリも極端に簡素化するとクライアント側にdomain modelなんて物は要らず、viewのstate modelだけで完結してしまう。故にdomain modelをどこに置くべきかという論争が起きてしまう。Fluxは設計指針に過ぎず。そこに出てくる用語類は所詮はview領域の話であり、DDD的な文脈(奈須きのこではない)で頻出するオニオン(layered)アーキテクチャの外側を彷徨うかのような物であった。故に、決定打としてのフレームワーク実装は存在せず、多くのプロジェクトが自身のパターンのベストプラクティス体験談をフレームワークとしてスピンアウトしている(そのようにスピンアウトした方が其々にとっても都合が良い)。実際にスピンアウトするかはともかく、リポジトリ内にローカル流派が出来るのはよくあることでしかない。いずれにせよ、Fluxという概念は、「指針は語れども全体への実践は語れず」と私は結論することにしている。故にアーキテクチャ未満のパターンと呼びたいし、そこには欠けたピースが幾つもある。

domain modelの有り様は、アプリケーションの目的によって違うので、どこらへんに・どのように置くかという問題は個別事例となる。奈須きのこではないDDDによくあるとされる設計パターンもプログラミング技術の側面であり、万能の解法と呼ぶべきベストプラクティスと捉えるのは短絡的に過ぎるであろう。だが、間違い無くview(人間という外界とのinterface)からは遠くに位置することになるであろう。また、domain modelを本気で造ると、viewの状態モデルとは別個に別れることになる。これはview固有の状態や入力値バリデーションの取り扱いが必要になるのケースが、ままあるから。逆説的には、viewを反映するview state modelが必要になり、これは即ちMVVMじゃねという趣が出てくる。このvisual stateをobserverでviewと繋げばdata bindingになる。歴史が繰り返して来たぞ!

この繰り返す歴史で、前回(例えばAngularJSのような)と異なる点は、機械生成や実行時生成に基づくdata bindingではなく、静的に人間が読み取れるコードによってdata bindingが為されている、explicitにデータの経路が露出している点に有るだろう。そして、これを支えるのがReactive Extensionsなどになる、というのが、私の現在の認識と趣味嗜好さね。

in browserで同種のことを行おうとした場合の、この単方向の経路の作成時に、細かいパスを作らずに巨大なview state modelを投げつけるだけでも良いように、性能劣化を有耶無耶にしたのがReactのVirtual DOMであるし、故にあれは割と置き換え可能な部材である、というのは再確認でしかないね。Rxも、従来も頑張れば出来なくは無かったが、異常に労力がかかっていた・手離れの悪い実装になっていたものを、抽象化を用いて少し簡単にしたというだけに過ぎないわけで(そして、その簡単にした程度が著しく大きかった)。

Reactブームとか、これからクライアント側JavaScriptにやってくることを思えば道半ばですよ奥さん! 結局はC#の連中が取り組んだ事のアレンジですよ全く!